前へ
次へ

調理法によって食事が変わる

苦手な食材があっても調理法を変えることによって、食べることができるということがあります。
これは子どもによくあることですが調理法を変えて苦手なものを食べることができれば、好き嫌いを克服することができる可能性があります。
大人になってからだと好き嫌いを改善させることは難しいので、出来るだけ子どものうちから調理法を変えて工夫をして食べるという習慣を身に付けておくとよいでしょう。
すりおろしたり、細かく刻んだりすることが面倒で手間のかかることかもしれません。
しかし栄養素をしっかりと摂るという面では効果があります。
離乳食で好き嫌いを出来るだけ作らないようにするということも可能になっているので、離乳食で色々なものにチャレンジさせてみるとよいでしょう。
既製品だけに頼ってしまうのは好き嫌いを作る要因になってしまうので、既製品はたまに使うという程度にしたほうがよいよいです。
大人になってから食べ物で苦労をすることになってしまいます。

Page Top