前へ
次へ

焼くという調理法は安全性に寄与

色々な調理法というのは世の中に存在しているわけですが例えば焼くとか煮るといったようなものに関して言えば、世界中で似た様なようなやり方がされているわけです。
焼くという行為なのですが基本的にその食材の栄養価というのを破壊している部分が少なからず存在しています。
ですから、栄養面で見てその食材の栄養を100%引き出すことができる調理法であるのかといえばそうではないです。
では、どうしてそんなやり方をするようになったのか、といえば安全性です。
確実にいえることとして様々な食材に関してその表面に多くの菌とか微生物というものがついているわけです。
そうしたものを熱処理することができるということになるので安全に食べることができるようになるわけです。
野菜などは生でも食べられるということではあるわけですし、焼くとビタミンが飛ぶ部分が少なからずありますが、それでも焼いたほうが安全に食べることができるのは様々な食中毒などを防ぐ効果があるからです。

Page Top